<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

おっとっと!

気付くとあっという間に日が過ぎてしまっていました。
お久しぶりの日記更新です!

最近はなぜかロック曲の発注が続いております。
夏はRock!なのですね♪

しかし、以前はギターの弾けない私にとってロックほど難しい
曲はなかったのに、最近はバーチャルギタリストくんのおかげで
全く問題なく!?作れるようになって良かったわ。笑

そんな私ですが、今ロックとは正反対の音楽にはまってしまってます。
作曲家ロバート・プライズマンによって作られた
『リベラ』というサウス・ロンドンの教会で歌う子供たちのグループ。
最近知りました。 知ってます??
もうとろけますよ!!
声が清らかで伸びやかで本当に美しい。。。
映画の曲になっていたり、日本のTV番組のテーマ曲にも使われているみたい。
特に車を運転しながら聞くと景色が輝いて見えてしまって
トリップしてしまいそうです!
昨日も打ち合わせからの帰り道、
大きな半月が夜空にぽっかり浮かんでいて、多摩川もすごーくきれいでした。笑
くせになりそう!f0117666_11143560.jpg
[PR]

by mayu_gt | 2007-02-25 11:14 | diary  

初めての感覚!

f0117666_23153623.jpgずっと以前から読みたいと思いながら読んでいなかったこの本を今日読み終えました。
有名な本なので読んだ人もたくさんいるかもしれないけど、すごーく面白かった。
著者の立花隆さんが何人ものNASAの宇宙飛行士たちに会ってインタビューしたものがいろんな角度から描かれているのだけれど、「宇宙といは?地球とは?神様とは?人間とは何?」というような哲学的な質問にとても興味深い回答が記されていてそれが実体験を元に語られているのでおもしろかった。想像じゃなく感じたままの言葉だから。
飛行機に乗ったことのない人がいくら想像しても想像しきれないように、宇宙に行かなければ感じられない感覚があるというのは当然で、月に降り立った人がそこから地球を眺めたときの気持ちとは・・・私はまとめてうまくここで説明できないけれど、その感覚がまるで体験しているように思えるほどうまく文章に表現されていて思わずぞくっと怖くなってしまった。ある宇宙飛行士が月で作業をしているときに自分というよりも「種としての人間代表」という感覚を感じたと書いてあった。別の人は「宇宙では凡人でも宇宙感覚を持つことができる、虚無は暗黒として、存在は光として、生命と死、無限と有限、宇宙の秩序と調和といった抽象概念が抽象的にではなく即物的に感覚的に理解できる。」といっている。今まで考えたことがなかったような考え方をこの本を読んで知った。もっとこのジャンルのことが知りたくなったな~~。
[PR]

by mayu_gt | 2007-02-08 23:46 | diary  

苦じい~~!

明日13時〆切。なのにまだ決まりません・・・。
どんどんテーマからはずれてしまって困っています。
でもあと2時間で作ります。自分に言ってます。
うーーー。
[PR]

by mayu_gt | 2007-02-04 23:13 | diary  

OK出ました!

このところ、T芝エレベーターのビデオ用音楽を制作しています。
子供たちに安全なエレベーターやエスカレーターの乗り方を教える内容で、かわいいキャラクターも登場♪子役の男の子の笑顔がナチュラルでとってもキュート!
急にオープニングのところにイントロが必要になり、昨日今日と何度もやり取りしては直しの連続(* >ω<)さっきやっとOK出ました!!
ディレクターはK川氏(これはぼやかさなくていいの!?)
「こんな感じで・・・」というたとえがとっても難しい。。。
言葉って難しい。。。。

そのビデオのラストにはたーっぷり!エレベーターの曲でみんな踊ります(笑)
振り付けはラッキー池田さんの奥さまの彩木映利さん。
とってもかわいくって編集後が楽しみ♪
3月後半には子供たちに見てもらいま~す。
f0117666_013050.gif
[PR]

by mayu_gt | 2007-02-03 00:04 | diary